米蒸千穂展

2024年 2月 02 日(金)

2024年 2月 16 日(金)

このたび、Hideharu Fukasaku Gallery Roppongiでは2月2日(金)より「米蒸千穂展」を開催致します。

米蒸千穂は岩絵具やアクリル絵具を使い、身近な風景を描く作家です。米蒸の描く風景は遠くになるにつれ霞み、やがて見えなくなるイメージが特徴です。このイメージは、米蒸がホワイトアウトに遭遇した体験に基づいています。

その時の体験を、米蒸は次のように語ります。「吹雪に遭いホワイトアウトを体験した。ここにあったはずの風景が消え、白一色となる」ホワイトアウトは、吹雪や降雪時に視界が白一色になる現象で、方向感覚が失われたようになるといいます。

自分がどこにいるのかも分からない感覚を覚える一方で、無限の空間にいるようにも思われたという米蒸。「それは果てしなく白い空間が広がっているようでありながら、目の前に白い紙を突き付けられているように平面的にも感じられた」。米蒸はこの時の体験を「二次元の中に三次元的な奥行きをみせる絵画の一面と、どこか重なるのではないか」と考え、制作に反映しています。

徐々に風景が消失してゆくイメージはさらなる広がりを感じさせ、その先にある風景を想像させます。果てしなく続くように感じられる画面空間は、私たちを非日常の世界に誘うことでしょう。是非ご高覧ください。

米蒸千穂展

参加作家:

米蒸千穂(Chiho Yonemushi)

会期開始:

2024年 2月 02 日(金)

会期終了:

2024年 2月 16 日(金)

開始時間:

11:00

終了時間:

19:00
※最終日:17:00まで

入場料金:

0円

休廊日時:

日, 祝

FUKASAKU ART MUSEUM & GALLERY © 2023. All rights reserved.